発毛 育毛の総合サイト髪ナビ!





飲む育毛剤「プロペシア」とは
プロペシアとは、男性型脱毛症の進行を抑制するための経口薬、飲む育毛剤です。
一般名ではフィナステリドと呼ばれています。
本来は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛をみたことから発毛剤として用途が広がりました。
すでに米食品医薬品局(FDA)では「飲む育毛剤」として認可されている医薬品です。
男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変わり、このジヒドロテストステロンが、毛母細胞の働きを抑えるたんぱく質を作ることによっておこります。 プロペシアの薬用成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼTypeUの働きを抑え、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐことによって、脱毛を防ぐ働きがあります。
日本では、萬有製薬が2005年10月11日に厚生労働省から輸入承認を取得し、同年12月14日から日本初の男性型脱毛症(AGA)用薬「「プロペシア」が発売されました。

プロペシアは医療用医薬品で、購入には医師の診断、処方が必要です。
治療費は保険の対象とはならず、全額自己負担となります。プロペシア服用は成人男性が対象となっており、女性は服用できません。


プロペシアの効果
資料 城西クリニック診察風景
プロペシア男性型脱毛症の治療薬で、男性型脱毛症の進行を遅延させると言われています。
男性型脱毛症は、壮年性脱毛症とも言われ、 遺伝的な要素が強く、20〜30歳代にかけて徐々に髪の毛が細く薄くなります。
主に男性ホルモンであるテストステロンの働きが原因によって起こると言われています
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、テストステロンからジヒドロ・テストステロンを生み出すきっかけとなっている、5α−還元酵素の働きを抑制する働きを持っています。
プロペシアを内服した国内臨床試験の結果では、万有製薬(米・メルク100%子会社)によると、0.2mgを投与することで54%に改善効果が、1mgを投与することで58%に改善効果が見られたと報告されています。(0.2mg錠投与=54%、1mg錠投与=58%)また、海外臨床試験の結果でアメリカでは70%以上の効果があるといわれています。
プロペシアの効果を感じるにはある程度、時間が必要とされています。
3ヶ月から6ヶ月で効果が出る方もいれば、脱毛症の進行により、それ以上の時間がかかる方もいます。

プロペシアQ&A 処方できるクリニック
プロペシアは萬有製薬が販売しているの?(万有製薬)
プロペシアは通販や個人輸入で買えるの?
プロペシアは脱毛に効くの?
プロペシアの副作用は?
フィナステリドって?
ミノキシジルとプロペシアの違いは?
プロペシアの処方や購入はどうすればいいの?
飲む発毛剤プロペシアは、飲むだけでいいの?

プロペシアは医療用医薬品であるため、購入には医師の診断・処方箋が必要となります。(保険適用外)
頭髪、頭皮の状態は人それぞれです。本当に治療が必要か、プロペシアの処方が最適なのかは当事者(患者さん)のご状態によります。まずは専門の医療機関を受診してみてはいかがでしょう。

クリニックはこちら

発毛育毛の髪ナビ!TOP | 発毛育毛髪ナビ!とは | 発毛育毛ヘアニュース | 発毛育毛基礎知識 | 発毛育毛対談 | 発毛育毛うそほんと
発毛育毛Q&A | 発毛育毛増毛体験者の声 | 髪にいいもの紹介 | 髪ナビ広告掲載について | ヘアメール | 発毛育毛リンク集 | 発毛育毛増毛用語集
サイトマップ | メルマガ解除 | 女性薄毛の髪ナビレディース

気になる用語集 <NEW>